主要株主が伊藤忠商事でパートナーが電通

不動産投資 失敗

1.想定利回りに届かない(借り手がつかない)
2.物件が完成しない(完成前の投資)
3.売却できない(資産価値の低下)
4.借金(ローン)返済できない
5.想定外の出費(リフォームなど)

不動産投資の失敗例だと思います。

高利回りだけでアピール
するような物件や業者はあまり信用できない理由だとも思います。
(後からこういった失敗例に繋がる可能性)

リスク対策をした上で利回りが良い
のであれば投資の安心感は高まると思います。

少額(1万円から)で不動産投資できる
=ソーシャルレンディングの最大のメリット

だと思っていますが、

1.全案件担保付き
融資金額の120%以上の価値を保全

2.元本割れ・放棄物件0件
毎月配当金を予定通り投資家へ還元

といったリスク対策を実積(募集金額)に繋げている、

・みんなのクレジット
・ラッキーバンク

辺りは失敗しにくいレンディング会社だと思います。

伊藤忠商事と東急リバブルがサポート

クラウドクレジット
1万円から海外投資が可能
約12.2%の最高利回りが期待できる
伊藤忠商事が主要株主で資本援助
LENDEX
数万円から投資可能
担保付き(ほぼすべての物件に対応)
東急リバブルが査定した担保を設定中

全案件担保付き

ラッキーバンク
1万円から投資可能
放棄物件0件、全案件担保付き
会員数3,000名超え(2016年11月)
オーナーズブック
1万円から可能(14.5%:最大利回り)
全案件担保付き(プロが厳選)
上場企業のカカクコムが主要株主

証券会社グループが運営

クラウドバンク
1万円から投資可能
貸し倒れ物件0件
日本初の証券会社運用レンディング

SBIソーシャルレンディング
1万円から投資可能
累計運用額業界最大級(500億円以上)
国内唯一の総合金融グループ(SBI)運営