主要株主が伊藤忠商事でパートナーが電通

資産運用 ソーシャルレンディング

少額から利益を積み上げていける運用スタイル
だと思っています。
(ソーシャルレンディングの立ち位置)

メリット
・少額(1万円)から投資に参加できる
・貸し倒れリスク対策が成されている
・短期(数ヶ月)から可能
・毎月配当金が受取れる
・利回りが高め(6%〜14%程度)

デメリット
・貸し倒れリスク
・投資先が不透明(名称など)

貸し倒れリスク対策
1.担保付き物件
・融資金額の120%以上の価値を保全可能
・専門家が厳選審査して選ぶ

2.元本割れ、放棄物件0件
毎月投資家へ予定通り配当金を分配中

「少額から」「短期投資」も取り入れながら、
「会社や案件を分散」していけば、

長期目線の資産運用に繋がりやすいと思います。
(利益を再投資しながら増やしていく)

伊藤忠商事と東急リバブルがサポート

クラウドクレジット
1万円から海外投資が可能
約12.2%の最高利回りが期待できる
伊藤忠商事が主要株主で資本援助
LENDEX
数万円から投資可能
担保付き(ほぼすべての物件に対応)
東急リバブルが査定した担保を設定中

証券会社グループが運営

クラウドバンク
1万円から投資可能
貸し倒れ物件0件
日本初の証券会社運用レンディング

SBIソーシャルレンディング
1万円から投資可能
累計運用額業界最大級(500億円以上)
国内唯一の総合金融グループ(SBI)運営