主要株主が伊藤忠商事でパートナーが電通

オーナーズブック 貸し倒れ

オーナーズブックは2014年9月に日本で初めて不動産に特化したクラウドファンディングとして誕生してから貸し倒れは「0件」です。

オーナーズブック

2017年10月に会員数10,000名を突破しました。
(2016年10月1日からの1年で約3.2倍に増加)

運営元のロードスターキャピタル株式会社が発表した、
投資家会員実態調査(実施時期:2017年10月18日)の結果は以下でした。

・65%が10万円以下の少額投資からスタート
・2回目も初回と同等以上の投資金額の投資家は80%
・登録1年後の平均投資額は男性が25.9万円、女性が24.6万円
・60代以上は68%の方が2案件以上に投資
・平均投資回数は60代以上で6.6回、20代で3.8回

(投資に求めるもの)
20代は利回り、手数料、最低投資額、投資期間、配当タイミングなどを重視。
50代以上は利回り、事業者の信頼性、担保内容が最も大切と回答。

信頼性と担保内容はオーナーズブックが強みを持っているため、
リピート投資率が高まっていると判断できます。

(オーナーズブックの特徴)
・元本割れ0円
・1万円から投資可能
・実質利回り最高14.5%

株式会社カカクコム(上場企業)が主要株主な点で信用が高いと思います。

伊藤忠商事と東急リバブルがサポート

クラウドクレジット
1万円から海外投資が可能
約12.2%の最高利回りが期待できる
伊藤忠商事が主要株主で資本援助
LENDEX
数万円から投資可能
担保付き(ほぼすべての物件に対応)
東急リバブルが査定した担保を設定中

証券会社グループが運営

クラウドバンク
1万円から投資可能
貸し倒れ物件0件
日本初の証券会社運用レンディング

SBIソーシャルレンディング
1万円から投資可能
累計運用額業界最大級(500億円以上)
国内唯一の総合金融グループ(SBI)運営