主要株主が伊藤忠商事でパートナーが電通

不動産投資 利回り 目安

5%以上」を目安にしています。

不動産投資の適正価格=家賃年収の20倍程度
不動産・金融投資のセオリーだからです。

*株価収益率
PER(Price Earnings Ratio)
企業が年間に生み出す利益と株価の倍数です。

(例)ゆうちょ銀行
・上場時の売り出し価格=1450円
・一株当たり利益(EPS)=78円(2014年3月期)
(不動産投資の家賃収入に相当)

・ゆうちょ銀行の株価は年間利益の18.5倍で設定
(1450円÷78円=18.58)

・不動産投資の収益率の基準が20倍
=PER20倍と同じ意味です。

PER20倍=年利回りで5%となります。
(1÷20=0.05)

ですのでソーシャルレンディングのように、

1.少額(1万円から)
2.貸し倒れリスク対策(担保付き、元本割れ・放棄物件0件など)
3.利回り5%以上
4.期間が短い(数ヶ月〜)

という状態で投資に参加できることは、
とてもありがたいと感じています。
(守りながら攻められる)

伊藤忠商事と東急リバブルがサポート

クラウドクレジット
1万円から海外投資が可能
約12.2%の最高利回りが期待できる
伊藤忠商事が主要株主で資本援助
LENDEX
数万円から投資可能
担保付き(ほぼすべての物件に対応)
東急リバブルが査定した担保を設定中

証券会社グループが運営

クラウドバンク
1万円から投資可能
貸し倒れ物件0件
日本初の証券会社運用レンディング

SBIソーシャルレンディング
1万円から投資可能
累計運用額業界最大級(500億円以上)
国内唯一の総合金融グループ(SBI)運営