ソーシャルレンディング 危険

ソーシャルレンディングの危険性は?
貸し倒れだと思います。

投資家が貸し倒れリスクを負う仕組みだからです。

その代わり?
少額(数万円)で投資に参加できる
担保付き物件がある
映画、株式など新しいフィールドを味わえる

というメリット・保証があります。

対策は?
分散だと思います。
(レンディング会社や物件)

・レンディング会社の分散
1つの会社が危うくなっても他の会社でカバーできるからです。
(自己資金が潤沢な会社はより安心だと思います)

・物件の分散
物件=投資先を分散することで収益の安定化が図れると思います。

また?
・利回りだけを見ない(大切ですが)
・楽しむ(新しい業界に参加できることを)
・学ぶ(業界・投資の世界を)

こういったメンタル面も価値があると思います。

伊藤忠商事と東急リバブルがサポート

クラウドクレジット
1万円から海外投資が可能
約12.2%の最高利回りが期待できる
伊藤忠商事が主要株主で資本援助
LENDEX
数万円から投資可能
担保付き(ほぼすべての物件に対応)
東急リバブルが査定した担保を設定中

証券会社グループが運営

クラウドバンク
1万円から投資可能
貸し倒れ物件0件
日本初の証券会社運用レンディング

SBIソーシャルレンディング
1万円から投資可能
累計運用額業界最大級(500億円以上)
国内唯一の総合金融グループ(SBI)運営